プロフィールの作成方法を教えて!

公開日:2016年3月29日

出会いアプリでセフレや恋人を作るには、それなりの努力や工夫が必要です。ルックスの良い、あるいはお金持ちの男性は、簡単に出会いを見つけられるでしょうが、特にイケメンでもなくお金持ちでもない男性が出会いを得るのは結構苦労することなのです。

しかし相応の努力をすれば、出会える可能性はもちろんあります。登録してまず真っ先にすべきことは、プロフィールを充実させることです。プロフィールは、出会いアプリにおけるあなたの顔のようなもの。適当に設定していたのでは、誰にも相手にしてもらえませんよ。ポイントは、情報量を多くするということ、自分に不利に働く可能性のある情報は伏せておくことです。

プロフィールには、サイトの用意した項目と、自分で設定できる自己紹介文とがあります。まずはサイトの用意した項目、たとえば年齢や身長、体重などをすべて埋めてください。そのうえで自己紹介文の設定をします。ここに何を書いたらよいかわからない、という男性も多いかもしれませんね。しかし、そう難しく考える必要はありません。あくまでもこれは自己紹介なのですから、自分のことを、わかりやすく、簡潔に伝えればよいのです。

ただしポイントは、先ほど言ったように、まずは情報量を多くすること。たとえばお芝居を観るのが好きなのであれば、そうと書くだけでなく、好きな作品や作家、劇団、芝居を観に行く頻度などを合わせて書くようにしましょう。また、自分が役者をやったことがあるか否かというのを書いてもいいかもしれません。

そのように付帯的な情報を盛り込むことで、女性に興味を持ってもらえる可能性が高くなります。ひとつの事柄について3、4行でまとめるというのを目安に、自己紹介文を作成していってください。

そしてもうひとつ、このとき注意すべきポイントがあります。それは自分に不利に働くかもしれないことは書かないことです。たとえばお金がないとか、無職であるとか、今まで女の子と付き合ったことがないとか、そういうことですね。それ自体はべつに悪いことでもなんでもありませんが、書いたからといってプラスに働くものでもないですし、女性によろしくない印象を与えてしまう可能性がありますので伏せておきましょう。

サラリーマンの人と無職の人、会うならどっちがいいと訊かれたら、サラリーマンを選ぶ女性のほうが多いと思います。セフレや恋人なんて、会ってすることなんてたかが知れていますし、大してお金のかかるものでもないのですから、余計なことは書かないほうがよいでしょう。

また、女性と付き合ったことがない、童貞であるというのも、出会いの妨げとなる可能性があります。相手が童貞好きの痴女でもないかぎりは秘密にしておいたほうがよさそうです。それか「あまり経験がない」くらいにしておいたほうがよいでしょう。

写真はアップロードしたほうがいい?

プロフィールを作成するときに迷うのが、写真をアップすべきかどうか、ということです。私もそうですけれども、顔のよろしくない男が写真を載せても意味がないんじゃないか、むしろ逆効果なのではないか、そのように考える男性は多いと思います。

しかし、プロフィール写真はやはり載せておいたほうがよいでしょう。写真がないと、それだけで相手にしないという女性は結構います。それに載せていない時点で、かっこよくないと白状しているようなものです。だったら堂々と載せておいたほうが印象は良いですね。

しかし、ある程度の「工夫」は必要となります。つまり、自分の顔が最大限かっこよく見えるよう工夫する必要はあるということです。出会いアプリで出会いを探すときは、ともかく会うことに漕ぎつけるのが肝心。会ってから「うわ、写真と雰囲気ちがう」と思われてもいいので、そこまで行けばどうにかなることも多いので、とりあえず写真はちょっとごまかすつもりで撮ってください。

以上のようにプロフィールを設定して、出会いを探していきましょう。